ペットや他の植物よりも気軽に育てられてしかも短期間で成長して食べられるキノコ栽培が流行っている?

ちょっと前から、コロナで自粛生活が始まった頃から急に人気になった栽培セットがありましたね。

野菜よりも成長が早くてでも植物じゃない?でも動物とは違うけど育ったら食べられる?と言う事で、キノコの栽培セットが結構人気を博していた様です。

ツイッターで毎日自宅のキノコを撮影した画像を載せている人も居たので、ある意味ペットの様な感覚で育てていたのかも知れません。

確かにキノコは菌類で、菌類は基本的に植物よりも動物に近い?と言うか、植物と違って自分で動けるので植物ではないとか、かんかんガクガクな理論が展開されていましたが、まぁどちらでも良いけど食べられる点で面白お得な気がします。

ツイッターに上げられていたキノコの多くがシイタケでしたが、中にはしめじと言う強者も居たので他にももしかしたらエリンギとかもあったかも知れませんね。

栽培セットと言っても土に種を蒔いて~と言うタイプではなく、それぞれのキノコの菌床の塊がプラポッドに入っている様な、そんな状態だった気がします。

それに、栽培セットに記載されている育て方を見ながら、水を霧吹きでかけてみたり部屋の中では基本的に日陰になる様な所に置いてみたりして、熱心に育てていた人が多かった様です。

最終日はキノコを採る所で、あとは美味しく調理して食べている所の写真が流れていましたね。

最後は食べられてしまう所為か、ちょっと切ない気持ちになるキノコの栽培セットですが、見かけたら是非育ててみて欲しいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です